聖ディスマス

キリストと共に十字架に架けられた二人の犯罪者のうちの一人で、キリストの御口より直接天の御国に入る事を約束された唯一の聖人。
ディスマスとは仮名で、本名は不詳である。
ある伝承では、キリストが聖ヨゼフと聖マリアと共にヘロデの手を逃れてエジプトに向かう途中、一夜の宿を貸した家の息子という事である。

 

<聖ディスマスのチャプレット>

このチャプレットは聖人のメダイと、一連が一つの大珠と三つの小珠よりなる六連によって構成されています。
もし専用のチャプレットを御持ちでなければ、一般のロザリオを数を調節されながら用いられて構わないと思います。

 

第一連

「ああ聖ディスマス、我らは天主の御導きゆえに御身にはせ寄り奉り、今我らはキリスト・イエズスにおける御身の兄弟姉妹なり。
御身の天の御くらいより、我らのために祈り給え。
我らが天主の聖寵を信じ、受け取りて、十字架より御身を呼び給いし天主への聖なる怖れをまことに持つを得んことを。」

各小珠で
「主祷文」「天使祝詞」「栄唱」を各一回唱えます。

第二連

「わがために祈り給え。
我がまた、我に続く天主を畏れざる兄弟姉妹を叱る心中からの勇みを持ち、一方己の罪と助けなき状態とを認めんことを。」

各小珠で
「主祷文」「天使祝詞」「栄唱」を各一回唱えます。

第三連

「祈り給え。
我が痛悔と義の回復がためのわが必要を喜びて認めんことを。
御身が丁度イエズス・キリストの潔白の信をのたまいし如く、信徳・望徳・愛徳と、イエズスと公教会のうちにありしまことへのわが必要とす宣言を助け給わんことを。」

各小珠で「主祷文」「天使祝詞」「栄唱」を各一回唱えます。

第四連

「祈り給え。
我がわが主なるイエズスの公教会にあかし人を与え、わが過去・現在・未来を超えて天主の御国の勝利においてわが信仰を宣べるを学ばんことを。」

各小珠で「主祷文」「天使祝詞」「栄唱」を各一回唱えます。

第五連

「祈り給え。
我が我らの主イエズスの御慈悲と御赦しとを受け、わが罪と、苦しみに満てし行い対する心中からの悲しみと、決して再びこれらを為さざることを明らかに体験せんことを。」

各小珠で「主祷文」「天使祝詞」「栄唱」を各一回唱えます。

第六連

「奮い立たされし聖ディスマスよ、我ら御身に祈り奉らん。
御身の聖なる勇みのうちに我らがまことの兄弟姉妹とす、己の宣言に常に誇りを持つを祈り給え。
しかしてまた、我らの最終の時に我らの主が語り給う御言葉を聞くを得しめ給え。
"アーメン、我汝に言う。今日汝は我と共に楽園にあらん。"」

各小珠で
「主祷文」「天使祝詞」「栄唱」を各一回唱えます。

「アーメン。」

 

 

 

inserted by FC2 system