聖カタリナ・ラブレ童貞

 

1806年5月2日、1806年5月2日フランスのブルゴーニュの農業を営む両親のもとに、11人きょうだいの内の9人目の子供として生まれ、幼少の頃より召命を感じていた。
8歳の時に母親が亡くなり、また農家は買収されて農業を営む事が不可能となり、姉が愛徳姉妹会に入会し、聖女は一時期パリの伯父の営む喫茶店で女給として働いた。
聖女は数多くの結婚の申し出を全て拒否し「私は初聖体のその日に私の新郎を見つけました。唯一彼に私自身を与えました。」と語った。

聖女が一度フランスのパリ市にある聖ヴィンセンシオ・ア・パウロ愛徳姉妹会の世話のために病院を訪れた時、聖ヴィンセンシオの御絵から語りかけられる言葉を聴いた。「わが子よ、病者の世話は非常に素晴らしいものである。天主はあなたから何かを求められているのである。」
この言葉を聴いて後、聖女は愛徳姉妹会に入会した。

聖女は1830年に本部聖堂で都合三回にわたって聖母の御出現を受け、二回目の御出現の時に「不思議のメダイ」を示された。

聖女は御出現を受けた後も四十数年間隠れた生活を過ごし、老人達や病者の世話にあたっていた。

1876年12月31日、フランスで70歳で帰天した。1947年7月27日、教皇ピオ12世によって列聖。祝日11月28日。

<祈り>

「ああ主イエズス・キリストよ、祝せられしカタリナ童貞をいみじくも御身の無原罪の御母の驚くべき示現によりて強め給いき。
同じく祝せられしカタリナ童貞によりて我らに示されし優しき信心の手本に従いて、我らが御身の聖なる御母にいとも光栄を帰し奉りて、終わりなき生命の喜びの得らるるを聴き容れ給わんことを、御身にこいねがい奉る。
唯一の天主、御父と聖霊と共に世々に生き、しろしめし給う主なるかな。 アーメン。」

 

<祈りU>

「聖カタリナ・ラブレよ、御身は祝せられた童貞の親しき友と選ばれ、無原罪の御宿りに光栄を帰し奉るために彼らの愛のしるしとして、彼女の子らに不思議のメダイの着用の望みを明かされし。我らのためにとりなし給いて、我らが天の御母に従い奉りて、我らが光線の如き母なる御手より流るる特別なる聖寵を受くるを願い給え。 アーメン。」

 

 

 

 

inserted by FC2 system