聖アガタ童貞殉教者

祝日2月6日

「我御身の子羊なりせば、我が全ての悪魔を克服するに相応しき者とならしめ給え。」

若く美しい聖女は天主によって聖化された生活を送っていた。当時はまたキリスト教弾圧の激しい時代であった。
島の知事は聖女に求婚し、断られた。知事は怒って聖女を売春宿に渡したが、客を受けることを拒絶した。
その後アガタは拘束され、打たれた後胸を砕かれ切断されました。
聖女は裁判官に言った。「残酷なる者よ、汝は母を忘れり。汝を育みし胸をあえてこの仕方により切断するや?」
その後聖ペトロが出現し聖女を癒したが、聖女は焼ける石炭の上で回され、苦痛の終わりを天主に謝し、帰天した。

後に聖女の墓から得られたベール(聖遺物)が運び出され、エトナ山の噴火を防いだとも伝えられる。火災、拷問の犠牲者、地震、乳癌の保護者。

現代は特に、乳癌の患者の保護者として祈られている。

 

<とりなしを求むる祈り>

「主なる天主、御身はアガタ童貞に天の賜物を降らせ給えば、聖女の身を捧げ給いし御生涯を思い奉りし者の祈りを聴き容れ給い、
それらの者らの困窮において彼らの為にとりなし給わんことを、聖女に願い奉る。
(ここで願う)

聖女の地上におけし御生涯の間の諸徳にまねび奉りて、天つ御国においては、聖女と相共に永福を喜ぶを助け給え。アーメン。」

 

<聖女の保護を求むる祈り>

「ああ、聖アガタ、童貞にして殉教者よ、御身の犠牲を敬い奉る我らをして、御身の御とりなしを受くるを、慈悲深く与え給え。アーメン。

聖アガタ、我らの為に祈り給え。」

<とりなしを求むる祈りU>

「主なる天主、御身はアガタ童貞に天の賜物を降らせ給えば、聖女の身を捧げ給いし御生涯を思い奉りし者の祈りを聴き容れ給い、
それらの者らの困窮において彼らの為にとりなし給わんことを、聖女に願い奉る。
(ここで願う)

聖女の地上におけし御生涯の間の諸徳にまねび奉りて、天つ御国においては、聖女と相共に永福を喜ぶを助け給え。アーメン。」

「天使祝詞」
五回、「栄唱」を五回唱えます。

 

<聖アガタのチャプレット>

このチャプレットは、聖アガタのメダイと一つの小珠、環状部分は、一連が三つの小珠からなる三連によって構成されています。
もし専用のチャプレットを御持ちでなければ、一般のロザリオを、数を調節されながら用いられて構わないと思います。

まず始めに、(一つの小珠で)次の祈りを唱えます。

「ああ聖アガタ、悪からの招かざる進み出と、望まざる求婚者、かつ我らの主イエズス・キリストのための御身の身の捧げゆえの責め苦と苦痛に
苦しまれ給いし御者よ、我らは御身の尊むべき信徳と、殉教とを記念し奉らん。

乳癌と、他の婦人的諸苦に対して我らを守り、災いの克服のため、我らを鼓舞し給え。
愛の手と心ともて、患う者の看病に、全ての看病者を鼓舞し給え。

ああ聖アガタ、童貞殉教者よ。
御身の犠牲を尊む我らをして、慈悲深く御身の御とりなりしを受けさせ給わんことを。アーメン。」


第一連では、聖アガタの純潔に光栄を帰し奉る意向で各小珠で
「天使祝詞」を唱えます。


第二連では、聖アガタのキリストへの忠誠に光栄を帰し奉る意向で各小珠で
「天使祝詞」を唱えます。


第三連では、聖アガタの殉教に光栄を帰し奉る意向で各小珠で
「天使祝詞」を唱えます。

このチャプレットのしめくくりに、聖女の祈りを唱えます。

「万有の主なるイエズス・キリスト、御身はわが心をみそなわし給いて、御身はわが望みを知り給えば、
わが一切を所有し給いて、悪魔を克服するに、我をふさわしからしめ給え。アーメン。」

 

 

<聖アガタのチャプレット>

このチャプレットは、聖アガタのメダイと、
一連が五つの小珠からなる、三連によって構成されています。
もし専用のチャプレットを御持ちでなければ、一般のロザリオを 数を調節されながら用いられて構わないと思います。

はじめに(メダイで)祈ります。

「ああ 栄えある殉教者 聖アガタよ、御身は威厳と勇みとを挙げて 御身の霊肉への猛襲をしのばれたり。
我らが 我らの主イエズス・キリストより癒しの聖寵を受けんと こいねがい奉る時、我らに力を与え
我らの代願者となり給え。アーメン。」


第一連の五つの各小珠で 
「天使祝詞」を唱えます。

 

第二連の最初に、次の祈りを唱えます。

「万有の主なるイエズス・キリスト、御身はわが心を顧み給い、
わが望みを知り給えば、ただわが全てを御自らのものとなし給え。
我 御身の羊なれば、悪魔の克服に 我を ふさわしからしめ給え。」



第二連の五つの各小珠で 
「天使祝詞」を唱えます。

 

第三連の最初に、次の祈りを唱えます。

「わが創造主なる主よ、ゆりかごより 御身は常に我を守り給い、
世の愛より我を取り、苦難への堅忍を与え給いたれば、今 わが霊魂を受け取り給え。」



第三連の五つの各小珠で 
「天使祝詞」を唱えます。

 

このチャプレットのしめくくりに、次の祈りを唱えます。

「いと親愛なる聖アガタ、我らの祈りを聴き、我らを養い給え。」

 

inserted by FC2 system